丹波亀山城跡・大本教 (亀岡市) 
Kameyama Castle,Oomoto
丹波亀山城跡・大本教 丹波亀山城跡・大本教
50音索引  Home 50音索引  Home

「明智光秀公築城亀山城跡」の石標。南郷池公園。


本丸北面の外堀、南郷池、築城当初の形を残しているといわれている。


南郷池の中の島、その南(左)に本丸がある。


大本本部、正門


万祥殿(神殿)、現在、城跡一帯に大本本部が置かれている。1958年建立された。大本皇大神が祀られている。殿内に能舞台がある。周囲に拝殿、客殿、能舞台・茶室「万祥軒」などが建つ。


万祥殿


天恩郷の石碑


二つ目の門、築城当時の本丸入口にあたるという。


井戸跡、天守石垣の南にあり築城当初の遺構といわれている。


天守石垣、但し大部分は1946年に復元された石積みによる。石は角の算木積、一番上の天端に使われていたものなどを使っている。


天守石垣、石垣の下三段のみは、光秀による築城当時の石積みといわれている。石が横に入っている。


天守台、この上に天守が建っていた。現在は大本の月宮宝座が祀られている。数千個の国魂石を積み上げ、頂上に天拝石を安置したものという。禁足地になっている。


天守台


天守台に立つ大イチョウ(亀岡の名木)、胸高幹回3.12m、樹高20m。樹齢400年以上。
初代は明智光秀手植えといわれている。江戸時代中期に台風により倒木し、現在のものは2代目になる。



万祥池、付近は内堀跡になっている。

 かつて北近畿唯一の五重天守が聳えていた亀岡の亀山城(かめやまじょう)は、丹波亀山城、亀宝(きほう)城、霞城、亀岡城とも呼ばれた。築城した明智光秀は、本能寺の変の際にこの城より出陣している。 
 城跡は現在、宗教法人・大本本部の所有地になっており、聖地「天恩郷」と呼ばれている。城の遺構としては外掘と、石垣の一部のみを残している。
◆歴史年表 安土・桃山時代
、1577年、明智光秀は長沢又五郎らに亀山惣堀の普請を命じた。
 1578年頃(1579年頃とも)、初代城主・明智光秀の築城により、丹波攻略の軍事的拠点となる。東の二の丸が築造されたとみられている。
 1582年6月1日、光秀は13000の兵を率いて城を出陣、本能寺に向かう。
 翌1583年、信長4男・羽柴(豊臣)秀勝が入る。
 1589年、城は羽柴秀俊(小早川秀秋)に与えられる。修築が行われる。
 1591年、天守が三層から五層に変えられたともいう。本丸、二の丸、三の丸が整備され、街並みが整えられたという。
 1595年、本丸、二の丸、三の丸が整備されたともいう。秀吉は豊臣秀次の子女妻妾を2代城主・前田玄以の時、城に移している。その後、子女は斬首刑となる。
 慶長年間(1596-1615)、南限の堀である惣堀が完成したとみられている。
 1600年、関ヶ原の戦いの後、城は徳川家康の支配下に入る。
 1602年、城は天領となる。城代官・北条氏勝(次の代官・権田小三郎によるとも)は城下町南限の惣堀を完成させたもいう。
 江戸時代、1606年、代官・権田小三郎は内堀を完成させる。
 1609年、幕府は岡部長盛を32000石で入れ、4代城主とする。天守、二の丸、三の丸、北櫓、大手門などの各門、外堀が拡張される。
 1610年、徳川家康の命により藤堂高虎の縄張りの下、福島正則、池田輝政など西国諸大名による大改修が行われる。この天下普請は、大坂城の豊臣秀頼包囲の意味を持っていた。高虎は、今治城の五重天守を移築し亀山城の天守とする。
 1621年、岡部長盛が転封となる。
 1622年、5代城主に松平大給が任じられる。
 1661年、大地震により城郭が破損する。
 1662年、修復が行われる。
 1663年、地震により石垣が破損する。
 1664年、幕府老中により石垣修復の許可が下りる。
 1787年、落雷により天守の一部が破損する。
 1852年、天守の鯱鉾が、瓦師・平岡伝兵衛らにより製作される。
 1868年、戊辰戦争では薩長連合軍による討伐軍に対して、亀山藩は恭順した。
 近代、1869年、版籍奉還に伴い亀岡藩、1871年の廃藩置県で亀岡県と改称され、また同年、京都府に編入された。
 1873年、太政官布達により、「全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方(廃城令)」が公布され、24代城主・松平信正を最後に廃城となる。
 1877年、明治政府は城郭が反政府活動の拠点となることを恐れ、天守などの建物、石垣すべてを破却、解体払い下げとした。以後、城跡は官有地となり大蔵省の管轄下となる。京都の商人・森川喜兵衛が払い下げを受け天守を破壊する。その後も払い下げが相次ぐ。
 1878年、御殿表門が売却される。
 1880年、石垣が売却となり、大部分の石は撤去、また土中に埋められた。また、石垣は東本願寺再建に利用され、保津川により運び出されたという。
 1903年、貴族院議員・田中源太郎らにより城跡が買い取られ、鉄道敷設のために石垣、土砂が流用されたという。以後、荒廃する。
 1919年、宗教法人・大本教組の出口王仁三郎により本丸、二の丸付近の13500坪が買い取られる。その後も城跡の入手が続く。
 1920年、城内に大本の大道場が建てられる。信徒らにより石が堀り出され、石垣が積み直される。
 1921年、王仁三郎らは不敬罪、新聞法違反により検挙され、神殿は破壊される。(第一次大本事件)
 1925年、城跡は天恩郷と命名される。
 1935年、亀岡の神殿は破壊される。(第二次大本事件)
 1936年、本丸そばの杉櫓風の建物、石垣などが破却される。
 現代、1946年、愛善苑として再建された。石垣が再修復、整備される。
 1952年、大本と改められた。
◆明智光秀 室町時代-安土・桃山時代の武将・明智光秀(1528?-1582)。美濃に生まれた。越前・朝倉義景に仕え、織田信長、足利義昭にも奉仕し、各所を転戦する。1575年、信長の命により丹波攻略した。1577年頃、亀山城を築造する。1579年、丹波を平定、横山城の波多野氏を追い出し、福知山と命名、城を改修する。年貢を軽減するなどし、領民に慕われたという。1582年、信長に反発、亀山城に入り、愛宕山に詣り謀反を決意した。亀山城を発した備中出陣の名目の1万3000の軍兵は、老ノ坂で天下取りを表明した。本能寺を襲い、信長を自刃させた。1582年、羽柴秀吉との山崎の戦いに敗れ、勝竜寺城(長岡京市)から坂本(滋賀)に向かう途中、小栗栖(伏見区)で土民の襲撃により傷を負い自刃した。介錯した溝尾庄兵衛により谷性寺(亀岡市)に埋葬されたという。
◆出口なお 江戸時代後期-近代の宗教家・出口なお(でぐち なお、1837-1918)。福知山生まれ。家は裕福な職人の桐村家。10歳で父が亡くなり、呉服商、饅頭屋に奉公に出る。藩より孝行娘として表された。1853年、綾部の出口家の養女となる。20歳で大工の夫・政五郎と結婚、三男五女を産む。1875年、家が破産になり、1876年、夫が病に倒れた。なおは、ぼろ買、糸引きなどで家計を支えた。1892年、旧正月に神がかりになり大本を開教した。無学にもかかわらず神の意思として「お筆先」を書き連ねた。1899年、上田喜三郎(後の出口王仁三郎)と出会い、1900年、宗教組織「金明霊学会」の教主になる。
◆出口王仁三郎 近代の宗教家・出口王仁三郎(でぐち おにさぶろう、1871-1948)。上田喜三郎。亀岡市穴太に小作農の長男として生まれた。1898年、稲荷講社本部(清水市)・長沢雄楯より霊術を学ぶ。1898年、亀岡の高熊山で霊的修行を行う。1899年、大本の開祖・出口なおと出会い、1900年、二人で金明霊学会を組織し会長となる。なおの五女・すみとの結婚後、王仁三郎と改めた。1916年、皇道大本と改称する。1919年、亀山城の本丸、二の丸を買い取り、聖地「天恩郷」として信徒と共に石垣を復元した。1921年、綾部の大本本部が弾圧され、不敬罪・新聞法違反により王仁三郎ら幹部は検挙される。神殿、なおの墓が破壊された。(第一次大本事件)。以後、教団名を大本に改めた。1923年、大本エスペラント普及会、1925年、世界宗教連合会、人類愛善会を設立する。1931年、満州事変以降、教団名を皇道大本と改めた。1934年、外郭団体「昭和神聖会」を設立し、国家主義による革新を主張した。1935年、弾圧により、王仁三郎以下信徒3000人が治安維持法違反、不敬罪で検挙になる。(第二次大本事件)。1942年、保釈された。
◆亀山城 安土・桃山時代、明智光秀により築城された亀山城は、低い山の地形を利用した近世の平山城になっていた。中世山城の特徴である曲輪を中心に東、南、西に城内、城下を形成した。江戸時代の天下普請後、近世の平山城に変化を遂げている。
 江戸時代、天守は藤堂高虎により建てられている。高虎が、1604年から1608年にかけ築城した今治城の天守を、1608年に高虎の伊賀・伊勢への転封に伴い、部材は藤堂家大坂屋敷に天守を解体して運び込まれていた。1610年、その材により亀山城が建てられた。また、今治城は造営前だったともいう。
 高虎は「築城の名手」と謳われ、各地の城普請を手掛けている。亀山城の天守は、旧来の望楼型から日本初の層塔型五重天守を採り、以後築城の主流となる。各層を上層ほど逓減して塔状に積み重ねていた。最上層を除いて各屋根に入母屋破風、千鳥破風もなく、簡素な外観を特徴としていた。壁は白漆喰の塗籠で、最上階に廻り縁、高欄が付いた。窓も防御面から少なく開けられていた。層塔型は構造が単純なため、工期も短くすることができた。石垣を高く積み上げる高石垣は割石の大石を使った。多聞櫓を多用し、堅固な枡形も用いた。三の丸、総構には大掛かりな横矢掛りの折れを土塁により設け、侵攻する敵を側面から攻撃することを可能とした。本丸、二の丸には新たに石垣が積まれ、多聞櫓、隅櫓が築かれた。
 天下普請に加わったのは福島正則、浅野幸長、池田輝政、島津以久、池田長吉、伊藤佑慶らの諸大名だった。徳川家康の普請の意図は、大坂城の豊臣秀頼らの勢力を封じ込めるとともに、諸大名に築造の経費負担をさせることでその財力を削ぐことを目的としていた。
 江戸時代、正保年間(1644-1648)、四方は堀で輪郭式に囲み、南に惣堀、本丸南に外堀、内堀と三重に築かれた。ただ、北には外堀しかなく、堀中に中島が造られた。本丸西、南、東に3つの二の丸があり、本丸、西と南の二の丸は石垣で築かれていた。東の二の丸は光秀時代の築造とみられ土塁築造で不整形になっていた。本丸東に杉櫓、周囲は多聞櫓で囲まれ、門は南の二の丸よりの二の門、一の門、東の二の丸よりの明智門が開けられていた。南の二の丸から本丸に入るには、内堀に架けられた木橋の極楽橋を渡り、枡形を通った。左の一の門(櫓門)に入り、さらに石段を上った高石垣に多聞櫓で囲まれた建物群があった。敷地が限られているため、天守の南、西に本丸御殿、広間、大書院、奥御殿、長局などが近接して建ち並んでいた。(「丹波国亀山城絵図」)。
◆遺構 亀山城の遺構としては、本丸北に築城当時のままの天然の崖、水堀も残されている。堀にある中の島は、かつては弾薬庫として使われていた。
 本丸南の天守台石垣の、下から三段目までは築城時の石積みといわれている。本丸石垣の南に、当初よりの遺構といわれる井戸跡がある。神殿の万祥殿西の石垣に大名の天下普請の際の刻印が残されている。ただ、この付近の石垣は復元による。また、この付近にかつての内堀跡がある。万祥殿西の二の丸跡は、土塁遺構が台地になっている。
 桂林寺(亀岡市本梅町)の表門は、亀山城城門(仕切門)の遺構といわれている。ほかに千代川小学校校門、永谷家住宅門、大本毘沙門荘表門、文覚寺表門、保津町五区会議所などがある。
 遺品として天守の鯱瓦一尾は、京都府立医科大学所蔵になっている。
◆年間行事 天恩郷の行事は、初詣(1月1日-3日)、七草粥(1月7日)、観桜茶会(4月第2日曜日)、光秀公慰霊祭(5月3日)では亀岡光秀まつりの武者行列の一行が光秀を偲ぶ。秋をめでる夕べ(9月15日夜)など。


*受付に申し出れば、亀山城遺構の一部を見学できます。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考史料献 『新修 亀山市史 上巻』、「大本と丹波亀山城跡」、大本、『よみがえる日本の城 19』『女たちの京都』『あなたの知らない京都府の歴史』


  関連・周辺       周辺       関連谷性寺(亀岡市)      関連老坂峠・首塚大明神       関連愛宕神社       関連本能寺      関連本能寺跡・本能寺の変             

万祥池近くの復元された石垣には、天下普請の際の大名の刻印がある。「◇」と「卍」が刻まれている。

万祥殿手前の堤は、二の丸跡の土塁遺構といわれている。

近代に入っても存在していた五層天守、余計な装飾がほとんどみられない。左下に本丸御殿の大書院の大屋根、手前に多聞櫓が高石垣上に建てられていた。説明板より。

現在の本丸跡付近、かつての天守台には「月宮宝座」があり、神域ということで禁足地になっている。右上に2代目の大イチョウが見える。案内版より。

【参照】五層天守に飾られていた鯱鉾の復元模型、南郷池公園。
 1877年に取り外され、現在、阿の鯱鉾は京都府立医科大学の所蔵なっている。寄贈したのは森川喜兵衛による。療病院の講堂家棟瓦に使われていた。江戸時代、1852年に瓦師・平岡伝兵衛・富吉により製作された。高さ135cm、頭部側面58cm、幅26cm、胴体幅45cm。

【参照】桂林寺(亀岡市本梅町)の表門(薬医門)は、亀山城の城門(仕切門)の遺構といわれている。
 亀山城 〒621-0815 京都府亀岡市古世町北古世81
     大本本部総合受付 亀岡市荒塚町内丸1-1  0771-22-5561
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光