大歳神社・石作神社・灰方 (京都市西京区) 
Otoshi-jinja Shrine
大歳神社・石作神社 大歳神社・石作神社 
50音索引  Home 50音索引  Home










 西京区灰方(はいがた)に大歳神社(おおとし じんじゃ)はある。古くより鎮守の森が広がり、「栢杜(かやのもりしゃ)」、「柏森明神」とも称されていた。灰方、小塩の産土神として崇敬された。 
 祭神は、向日神社の祭神・御年神の父神・大歳神(おおどしのおおかみ)を祀る。農耕生産の神、方除祈雨の神、当地方の守護神になる。相殿に豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、石作神(いしつくりのかみ)を祀る。
 大歳神社は、『式内式』乙訓郡十九座大五座小十四座、石作神社は、乙訓郡十九座大五座小十四座のひとつ。
 飛地境内として 早尾神社(石作町)、住吉神社(出灰町)がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 奈良時代、718年、創建ともいう。
 平安時代、859年、神階は従五位下に進む。(『新撰姓氏録』)
 972年、『延喜式』神名帳に記された乙訓郡大歳神社に比定されている。
 江戸時代、1680年、現在の本殿が造営された。
 江戸時代、石作神社が灰方村大歳神社内に祀られているとの記述が残る。(『大日本史』巻2)。
 近代、1941年、皇紀2600年事業に伴い、長岡天満宮の本殿を移築する。
 現代、1974年、石作神は石工団地神社(愛知県岡崎市)に分霊された。
◆建築 本殿は、長岡天満宮の本殿を移したという。方一間半、流造、檜皮葺。
◆石作神社・石作氏 相殿に、式内・石作(いしつくり)神社を祀る。石作神は代々石棺などを製作する豪族の祖神とされる。火明命(ほあかりのみこと)の後裔という。また、石作氏の祖は建麻利根命(たてまりねのみこと)ともいう。
 弥生時代の第11代・垂仁天皇(紀元前69-紀元後70)后・日葉酢媛命(日葉昨姫命、ひばすひめのみこと、?-243)が亡くなった際に、石棺を献上したことから石作大連公(いしづくりおおむらじのきみ)の姓を贈られたという。(『新撰姓氏録』)。
 平安時代、859年、石作神社は正六位より従五位下に進む。(『三代実録』)。
 石作氏の衰微により、後に大歳神社に合祀されたという。旧鎮座地は、三鈷寺近くの早尾神社(西京区大原野石作町灰谷丸尾1)とも、長峰八幡宮(西京区大原野石作町40)ともいう。
 石作神社の式内社は全国に6社あり、そのうち尾張地方に4社ある。叙位されたのは、当社のみという。
 当社では「大歳神社系」として次のように紹介している。
天照大神━素盞嗚命 大歳神━向日神(向日神社)
           ┃━━┃
       大市比売 宇賀之御霊神
(稲荷大社)
◆灰方 この地の地名「灰方(はいがた)」では、古くより石灰(せっかい/いしばい)を産し、焼いて禁裏へ貢じていたことに因むという。(『山州名跡志』『山城名勝志』)
 石灰岩を焼くと、生石灰(酸化カルシウム)に変化し、水と反応して消石灰(水酸化カルシウム)になる。これは、壁材、棺を塗り固める際の素材、石などの接合部にも使われた。粘土と混ぜると漆喰土になった。なお、清涼殿東南隅には「石灰壇(いしばいだん)」(5m×3m)があり、床を漆喰で固めている。
 この地は、鎌倉時代中期以前より灰方庄だった。庄内にはほかに、「灰谷(はいたに)」、「出灰(ゆずりは/いずりは)」などの地名があり、これらの「灰」もいずれも石灰に関わる。(『看聞御記』『一休和尚年譜』)。
 「石作(いしつくり)」もまた、石灰に関係するという。垂仁天皇后の石棺を石灰を用いて作ったことに因むという。
◆樹木 クロガネモチがある。
◆年間行事 例祭(10月21日)、氏子祭(江戸時代中期より続く、金剛流家元による舞が奉納される。)(10月第3日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都の地名検証』『京都市の地名』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都の寺社505を歩く 下』『京都 神社と寺院の森』

 
  関連・周辺早尾神社      関連・周辺八幡宮社(長峰八幡宮)       周辺       関連向日(むこう)神社(向日市)      関連京都御所(京都御苑)                

拝殿

幣殿

本殿

幣殿・本殿

本殿、一間社流造

大神宮社・天照大神(あまてらすおおかみ)

右より稲荷社・稲荷大神(いなりおおかみ)、向日社・向日大神(むこうおおかみ)、西ノ宮社・西ノ宮大神(にしのみやおおかみ)、春日社・春日大神(かすがおおかみ)



稲荷社・稲荷大神(いなりおおかみ)

向日社・向日大神(むこうおおかみ)

西ノ宮社・西ノ宮大神(にしのみやおおかみ)

春日社・春日大神(かすがおおかみ)

天満宮社・菅原道真(すがわらのみちざね)

天満宮社

遥拝石

鎮守の森

杉の大木
 大歳神社 〒610-1132 京都市西京区大原野灰方575   075-331-0627
 Home     Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光