入野神社 (京都市西京区)
Irino jinja Shrine
  入野神社 入野神社 
  Home   Home



拝殿


拝所・本殿、垣



本殿
 大原野の吉峰川北に入野神社(いりの じんじゃ)はある。春日神社とも称される。旧上羽(うえば)村の産土神として崇敬されている。 
 祭神は、かつて天兒屋根命(あめのこやねのみこと)を祀ったという。現在は加えて武甕槌命(たけみかずちのかみ)、齋主神(いわいぬしのかみ)、 比賣神(ひめがみ、姫大神)の大原野神社と同じ4座ともいう。
 式内社。平安時代の『延喜式神名式(延喜式神名帳)』九巻(927)記載の「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」中の「入野(いりの)神社」に比定されている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、現在の大原野神社の地に祀られていたとみられている。
 その後、現在地に遷された。大原野神社の御旅所になったともいう。
◆建築 「本殿」は、拝所、垣に囲まれた覆屋内にある。一間社流造、瓦葺。
◆摂社 
摂社・大(太)神宮は、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る。
 摂社・道租神社は猿田彦命(さるたひこのかみ)を祀る。
◆神宮寺 かつて、境内に神宮寺の蔵王寺が存在した。その後、公民館になったという。
◆入野 入野は古くは納野と称された。入野とは、人が多く入ってきた野の意味ともいう。
 施頭歌、集歌。「剣の後鞘に納野に葛引く吾妹眞袖もち着せしむかも夏草苅るも」(柿本人麻呂『万葉集』巻七)。
 「さを鹿の入野のすすき初尾花いづれの時か妹が手まかさ」(作者未詳、『万葉集』巻十)。
◆在原業平父母塔 境内の西、西方寺付近に「在原業平父母塔」といわれるものがある。
◆古墳 境内周辺には古墳時代後期(5-6世紀)の古墳が多い。西南に西羽古墳、外側に灰方古墳群、向鉢状古墳群、向山古墳群、東南に芝古墳群、北に上里北ノ町遺跡、古墳時代中期の鏡山古墳、古墳時代後期の石見上里古墳がある。
◆年間行事 例祭(「遺稱お弓」と呼ぶ。各家の男子の元服式<成人式>を祝う地区氏子の祭礼になる。かつて、男子が15歳になると烏帽子儀に入り弓を射た。)(2月22日に近い日曜日)、八朔の神事(お千度詣を行う。)(9月1日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の地名 検証2』『昭和京都名所図会 6 洛南』


  関連・周辺大原野神社       周辺在原業平父母塔       関連          

「入野社 春日大明神」とある。

摂社・大(太)神宮、天照大神

摂社・道租神社、猿田彦命
入野神社 〒610-1131 京都市西京区大原野上羽町192   
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光