普廣院 〔相国寺〕 (京都市上京区)
Fuko-in Temple
普廣院  普廣院
50音索引  Home 50音索引  Home










 相国寺境内の南西に塔頭・普廣院(ふこういん、普広院)がある。  
 臨済宗相国寺派。
◆歴史年表 室町時代、1400年、足利義政は相国寺7世・観中中諦(かんちゅう ちゅうたい)の寿塔として創建した。当初は乾徳院(けんとくいん)と呼ばれた。
 1441年、6代将軍・足利義教が亡くなり、当院を香火塔頭の影堂(位牌所)と定め、義教の法号「普廣院殿善山道恵禅定門」に因み普廣院と改めた。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 1473年、足利義教の33回忌に際し、8代将軍・足利義政が再建した。
 1510年、冷泉家は旧邸地、藤原定家の墓所を寄進した。当院に冷泉家の墓管理を委託し、その祠堂料に相当する敷地を寄せ、寺地を広げる。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失する。
 1814年、再建が始まる。
 1848年、再建が成る。
 近代、1920年、現在地(旧鹿苑院跡の一部)に移転した。
◆観中中諦 南北朝時代の臨済宗の僧・観中中諦(かんちゅう ちゅうたい、1342-1406)。阿波の生まれ。1350年、9歳で夢窓疎石に師事し、その法嗣。1351年、師没後、義堂周信、春屋妙葩に師事。1373年、元に渡るが、紅巾の乱(1351-1366)後の混乱によりまもなく帰国、1391年、等持寺、1400年、相国寺9世。足利義満の帰依篤く、相国寺に退隠所・塔所として禅室・乾徳院(後の普廣院)を与えられた。諡号は性真円智(しょうしんえんち)禅師。
◆足利義教・義円 南北朝時代-室町時代の僧・義円(1394-1441)。室町幕府3代将軍・ 義満の子で義教。1403年、青蓮院に入り、1408年、得度して義円と称した。大僧正、准后の宣下を受ける。1419年、天台座主。1428年、義持の急死により、くじにより義円が後嗣となり、1428年、還俗して義宣と名乗る。1429年、6代将軍・義教となる。次第に専制の道を進み、最期は大名・赤松満祐により斬殺された。
◆歴代 当院の3世・仲芳中正(中正蔵主)は、禅宗様と和様との折衷的な書風(五山様)を、義堂周信、絶海中津らとともに広めた。1401年、最初の遣明使に従い入明、3代皇帝・成祖(永楽帝)の命で「永楽通宝」の銭文を書いたといわれている。
 応仁・文明の乱(1467-1477)後、4世・文林永集(慶集)は「普廣院封境絵図(ほう きょうえず)」(本山に現存)という再建復興計画図を制作した。
 8世・清叔寿泉(?-1576)は冷泉家出身であり、当院と冷泉家の関係は密接だった。朱子学者・藤原惺窩(1561-1619)の叔父にあたり、惺窩が清叔を頼って上洛している。
◆藤原定家 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家(ふじわら の ていか/さだいえ、1162-1241)。歌人・藤原俊成の次男。母は藤原親忠の娘。1178年頃より歌人となる。1180年、内昇殿が認められる。1183年、父が後白河上皇の命により編纂した『千載和歌集』を手伝う。1185年、殿上での闘乱事件により除籍された。1186年、摂政・九条兼実に仕えた。良経、慈円の知遇を受けた。後鳥羽上皇(第82代)に見出されるル1201年より和歌所の寄人に選ばれ、『新古今和歌集』の編纂に加わる。1202年、中将、1211年、公卿、1220年、内裏二首御会での作が後鳥羽院の逆鱗に触れ閉門を命じられた。1232年、権中納言に昇る。第86代・後堀河天皇の勅により『新勅撰和歌集』を編じた。19歳よりの漢文日記『明月記』(1180-1235)を著す。邸宅は京内に数か所あり、嵯峨に山荘を営み百人一首を編んだ。
 後世、歌道の師とされる。墨蹟は「定家風」と呼ばれた。墓は相国寺・普広院にある。
◆鹿苑院 鹿苑院は、1383年、室町幕府3代将軍・足利義満の小御所から名を改められた。相国寺の塔頭の一つであり、修禅道場として開創された。義満の位牌が祀られていたという。院主が歴代僧録に任じられた。近代、廃仏棄釈で廃寺になる。
 旧境内の場所は特定されていないが、2010年、遺構とみられるものが相国寺境内に隣接する同志社構内で見つかっている。
◆墓 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都禅寺散歩』、当院サイト、『京都大事典』


   関連・周辺相国寺      周辺藤原定家京極邸跡      関連       
普広院 〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町701   075-211-3827 
50音索引  Home   50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光