盛光院 〔東福寺〕 (京都市東山区)
Joko-in Temple
盛光院 盛光院
50音索引  Home 50音索引  Home


 東福寺境内の北に塔頭・盛光院(じょうこういん)がある。
 臨済宗東福寺派。本尊は白衣観音坐像。
◆歴史年表 鎌倉時代、文永年間(1264-1275)、直翁智侃(じきおう ちかん)の開創による。当初は光明蔵院と称した。当初の境内は、成就宮の北(現在の盛光院山付近)にあった。 
 1274年、1234年とも、寺号を盛光院に改める。
 江戸時代、1806年、焼失する。
 1808年、豊後より宝勝院本堂を移築して庫裏とした。
 近代、1930年、現在の本堂が再建されている。
◆直翁智侃 鎌倉時代の臨済宗の僧・直翁智侃(じきおう ちかん、1245-1322)。上野の生まれ。父は幕府御家人・足利泰氏。顕密二教を学び、後に南宋より渡来した鎌倉・建長寺の蘭渓道隆(らんけい どうりゅう)に師事した。その後、宋に渡る。帰国後、1307年博多・承天寺、東福寺・円爾の法を嗣ぐ。東福寺10世。豊後・万寿寺の開山、豊後に60余の末寺を有した。諡号は仏(佛)印禅師。
◆仏像・木像 本堂に本尊・白衣観音坐像、仏印禅師(直翁智侃)坐像が安置されている。
◆建築 現在の庫裡は、豊後・万寿寺山内の宝勝院の本堂として使われていたものを江戸時代、1808年に移築した。江戸時代の遠距離間移築の遺構になる。なお、同寺は直翁智侃の開山による。
 本堂は大正期(1912-1926)の再建による。
◆紅葉 境内には池泉式庭園があり、楓の植栽もある。紅葉の頃(11月中)に公開されている。 


*普段は非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『旧版 古寺巡礼京都 18 東福寺』『京都の禅寺散歩』『京都・山城寺院神社大事典』』、当寺サイト


  関連・周辺東福寺     周辺     関連           

庫裡




盛光院 〒605-0981 京都市東山区本町15丁目790  075-561-9685  
  Home     Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp