道風神社 (京都市北区杉坂)
Tofu-jinja Shrine
道風神社
道風神社 
 Home  Home

「小野道風之廟」碑


思君橋





 洛北・杉坂の道風神社(とうふう じんじゃ)は、「とうふうさん」「武(たけ)神社」とも呼ばれている。小野道風の書栄達に因み、氏神として当社に祀られたという。一帯の産土神として信仰されてきた。
 祭神は小野道風を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、920年、創建されたともいう。(社伝)
 安土・桃山時代、1563年、放火により焼失し、古文書などを失う。
 江戸時代、境内の下にあった明王寺の管理下に置かれたという。
◆小野道風 平安時代の貴族・能書家・小野道風(おの の みちかぜ/とうふう、894-967/964)。小野葛絃(くずお)の子。祖父に漢学者・歌人の小野篁(おの の たかむら)がいる。醍醐、朱雀、村上の3天皇につかえ、木工頭(もくのかみ)、内蔵(くらの)頭などをつとめた。中務省の少内記で、宮中で用いる屏風に書をしたため、公文書の清書などの執務を行った。中国の「書聖」といわれた王羲之の書風を基礎とし、和様の書体を産む。10世紀頃活躍した「三蹟」(ほかに、藤原佐理、藤原行成)の一人で野蹟と呼ばれた。
 道風は、杉坂、産土神の和香(わこう)社より湧出した雲水を所望し、明王寺で業を修めたという。  
◆社号 かつて、武明神社、武宮、道風武大明神、瀑ノ社とも称されていた。
 これらの「武」とは、この地にあった滝の滝大明神の「タキ」が「タケ」に転訛したことに因むともいう。
 また、境内に「和香(わこう)水」が湧水しており、和香社とも呼ばれたという。
◆杉坂八景 かつて「杉坂八景」という呼称があった。季子山(境内裏山)、積翠池、武神祠(本殿)、長公川(杉坂川)、盃瀬井(手洗い場)、明王堂、思君橋、和香水の八景になる。
◆明王寺 かつて社の下(上宿)に神宮寺の明王寺という寺があり、宮僧の宿舎だったという。小野道風も明王寺で業を修めたとされる。
 江戸時代、社はその所管となったという。その後、1869年に廃寺になる。現在、境内に明王寺跡があり、境内の明王堂には不動明王が祀られている。寺宝の一部は、近くの地蔵院に移されたという。
◆名水 現在も境内には、「和香(わこう)水」「積翠池」で知られる名水の井戸が残されている。水は、かつて禁中御修法(みしほ)用として献上されていたという。平安時代の第63代・冷泉天皇が御所まで運ばせていたという。以後、歴代天皇がこれに倣った。
 水は、硯の水に使うと書道上達するとされる。道風も用いて、「道風水」と呼ばれた。道風に倣い人々も研滴としても用いたという。
◆樹木 境内には、サカキの大木が4本ある。京都市の巨木に指定されている。幹周り1.4m/1.5m、高さ10m以上。ほかにも3本ある。
 スギ林がある。
◆文化財 「道風宮雅録」「道風朝巨画像」。
 道風の遺品と伝えられる唐鏡、青い硯、唐筆、硯屏、筆立、卦算、粉状になった着物などがある。
 後水尾院御点作朗詠集、霊元法皇御寄附葉菊御紋附幕及提灯など。
◆年間行事 歳旦祭(1月11日)、秋季例大祭(10月15日)、お火焚まつり(11月3日)。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『京都隠れた史跡の100選』『京都 神社と寺院の森』『京都発見三 洛北の夢』『昭和京都名所図会 3 洛北』 


  関連・周辺地蔵院(北区杉坂)     関連崇道神社     周辺       

明王寺跡

積翠池

拝殿

明王堂
本殿、武神祠

和香(わこう)水、碑は大江資衡撰

近くを流れる杉坂川
杉阪道風町
 道風神社 〒601-0113 京都市北区杉阪道風町1番地  
 Home    Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光