八幡宮社(長峰八幡宮) (京都市西京区)
Yahatagu-sha Shrine
八幡宮社(長峰八幡宮) 八幡宮社(長峰八幡宮) 
  Home   Home






 大原野石作町の八幡宮社(やはたぐうしゃ)は、長峰八幡宮ともいう。 
 大歳神社の相殿に祀られている式内・石作(いしつくり)神社の旧鎮座地ともいわれている。
 祭神は應神天皇(おうじんてんのう)、天照大神(あまてらすおおかみ)。
 式内社論考社。平安時代の『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)記載の「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」中の「石作神社」の旧地ともいわれている。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
◆遺跡 本殿下には「八幡宮古墳」がある。片袖式横穴式石室であり、古墳時代後期の円墳とみられ、隣接している円山古墳群の一基ともいう。玄室の高さ1.2m、長さ2.95m、幅0.98m、羨道部の高さ1.1m、長さ1.25m、幅1.47m。
 また、後世、長峰城といわれる山城が一帯に築かれたという。詳細不明。
◆石作神社・石作氏 大歳神社の相殿に、式内・石作(いしつくり)神社が祀られている。石作神は代々石棺などを製作する豪族の祖神とされる。火明命(ほあかりのみこと)の後裔という。また、石作氏の祖は建麻利根命(たてまりねのみこと)ともいう。
 弥生時代の第11代・垂仁天皇(B.C.69-A.D.70)后・日葉酢媛命(日葉昨姫命、ひばすひめのみこと、?-243)が亡くなった際に、石棺を献上したことから石作大連公(いしつくりおおむらじのきみ)の姓を贈られたという。(『新撰姓氏録』)。
 平安時代、859年、石作神社は正六位より従五位下に進んでいる。(『三代実録』)。
 石作氏の衰微により、後に大歳神社に合祀されたという。旧鎮座地は、三鈷寺近くの早尾神社(西京区大原野石作町灰谷丸尾1)とも、当社長峰八幡宮(西京区大原野石作町40)ともいう。
◆年間行事 節会・烏帽子儀(1月11日)、初卯(2月)、放生会(9月15日)、例祭(10月21日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都市の地名』
 

  関連・周辺大歳神社      関連・周辺石井神社       関連・周辺早尾神社      周辺      関連       

拝殿

幣殿、本殿

大楠

境内東の長峰城跡の主郭遺構ともいうが詳細は不明。

【参照】付近に石作氏にゆかりの石作町の地名が残る。
 八幡宮社 〒610-1134 京都市西京区大原野石作町40 
 Home    Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光