御谷(みたに)神社  (長岡京市)
Mitani-jinja Shrine
御谷神社 御谷神社
50音索引  Home 50音索引  Home



本殿覆屋



 長岡京市浄土谷、乗願寺のすぐ北隣に、小社、御谷神社(みたに じんじゃ)はある。乗願寺は当社の神宮寺でありその後身ともいう。
 祭神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、応神天皇(おうじんてんのう)、別雷神(わけいかづちのかみ)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)の4座を祀る。
 平安時代の式内社『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)の「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」のひとつ御谷神社に比定されている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、927年、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』中の「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」のひとつ御谷(みたにの)神社ともいう。
 中世(鎌倉時代-室町時代)以降、廃絶したとみられている。
 室町時代、1554年、湯河次郎左衛門春信が本殿を修造した。(棟札)
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、五社明神(五社大明神)と称され、鎮守社、産土神とされた。(『山州名跡志』)
 江戸時代、式内社御谷神社に比定する見方もあった。(『山城名跡巡行志』)
 近代、明治期(1868-1912)、式内社御谷神社と比定され、御谷神社と改称した。
◆建築 現在は覆屋内の本殿のみが存在する。
◆文化財 室町時代、1554年、湯河次郎左衛門春信が本殿を修造した旨を記した棟札がある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、夏越の祓祭(7月28日)、例祭(10月10日)、新嘗祭・七五三祭(11月23日)、除夜祭(12月20日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都府の歴史散歩 下』『昭和京都名所図会 6 洛南』


  関連・周辺       周辺柳谷観音(楊谷寺)(長岡京市)       周辺光明寺(長岡京市)      関連         

常夜灯、江戸時代、「安政四年(1775)」の銘
御谷神社 〒617-0855  長岡京市浄土谷宮ノ谷3 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光