長福寺 (京都市右京区西京極)
Chofuku-ji Temple
長福寺 長福寺 
50音索引  Home 50音索引  Home



山門












 西京極の葛野七条の東、長福寺(ちょうふくじ)は、かつて比丘尼(びくに)御所(尼門跡)の一つで、歴代天皇、皇后、皇族の菩提寺となった。山号を密乗山(みつじょうざん)という。 
 真言宗泉涌寺派。本尊は釈迦如来立像。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 飛鳥時代、創建されたという。(寺伝)
 鎌倉時代以降、曹洞宗に改宗する。
 江戸時代中期、四世襲親王家の一つ、桂宮家の祈祷所となる。
 1784年、第116代・桃園天皇女御・恭礼門院が、慈雲に帰依して真言宗に改める。第115代・桜町天皇、桃園天皇、子の第118代・後桃園天皇、子の貞行親王の菩提を弔うために再興した。以後、比丘尼御所の一つとなり、歴代天皇、皇后、皇族の菩提寺になる。また、尼僧修養道場とされた。開山は宗嶺尼という。
 近代、久邇宮(くにのみや)朝彦親王の第4王女・飛呂子女王(ひろこ、1871-1889)は、当寺で6歳から亡くなる18歳まで修行した。
◆桂宮 桂宮は四世襲親王家の一つ。安土桃山時代、第106代・正親町天皇の第1皇子・誠仁親王の第6皇子・八条宮智仁親王(1579-1629)を祖とする。親王は別邸の桂離宮を営んだ。宮家は、1881年、第120代・仁孝天皇の第3皇女・淑子内親王(1829-1881)が亡くなり断絶した。
 桂周辺におもな所領があり、石高は宮家中最大だった。桂宮邸は京都御苑内北にあった。かつての建物は二条城本丸に移築されている。分家に2代・智忠親王の弟・広幡忠幸が興した広幡家がある。
◆慈雲 江戸時代の真言宗の僧・慈雲(じうん、1718-1805)。大坂に生まれた。父は上月安範、母は阿清。母の勧めで13歳で出家、密教、儒学を学ぶ。河内野中寺で梵文原典を学ぶ。1744年、河内・長栄寺「正法律」の実践を始める。1749年、「根本僧制」を定めた。1758年、生駒山中の双竜庵に隠棲、梵学の研究をし、10余年をかけ1000巻の『梵学津梁』を完成する。京都・阿弥陀寺で戒律の基本十善戒法を説く。1786年、幕府の許可を得て、葛城山・高貴寺を正法律の根本道場とした。晩年は雲伝(葛城)神道を提唱した。『慈雲全集』(19巻)など著す。
◆恭礼門院 江戸時代中期の女御・恭礼門院(きょうらいもんいん、1743-1796)。父は関白・一条兼香、母は一条家女房。一条富子と称した。1755年、入内、第116代・桃園天皇の女御となる。1758年、第1皇子・英仁親王(後の第118代・後桃園天皇)、1776年、貞行親王を産む。1770年、英仁親王が即位し、後桃園天皇となる。1771年、皇太后、恭礼門院の院号を受けた。即日落飾し新女院、後に女院と称した。1779年、後桃園天皇、1783年、妃・近衛維子(盛化門院)が相次いで亡くなり、孫の欣子内親王(後の第119代・光格天皇中宮)を養育した。
◆飛呂子女王 近代の皇族・飛呂子女王(ひろこ、1871-1889)。伏見宮邦家親王の第4王子・久邇宮(くにのみや)朝彦親王の第4王女。母は側室・泉萬喜子(泉亭万喜子)。当寺で6歳から亡くなる18歳まで修行したという。墓は光雲寺の久邇宮墓地に久邇宮邦彦王の髪爪塔とともに、その子女4基の中にある。
◆仏像 本尊の釈迦如来立像は、清凉寺式釈迦如来像であり、かつて宮中の御物だった。
 護摩堂安置の不動明王像は、伝教大師最澄(767-822)作ともいう。
◆文化財 ゆかりの歴代天皇の遺品、慈雲の遺墨、著作物など。光格天皇より贈られた被衣には、金箔、刺繍が施されている。
仏足石 庭にある仏足石は、文様陽刻が施されている。かつて恭礼門院が住した女院御所にあり、江戸時代の寛政年間(1789-1800)に移したものという。
 女院御所(京都御所南西)は、のちに賀陽宮家の邸宅となる。建物は、京都御苑内の賀陽宮跡地から相国寺に移築された。
庭園 本堂南に平庭の南庭があり、前拝に砂利が敷かれ、後方は苔地になる。間には溝がある。椿が20種ほど植えられている。春日燈籠、佛足石などが置かれている。第119代・光格天皇から贈られた「緋竜(ひりょう)」、「石橋(しゃっきょう)」、「小式部」、「菱唐戸(ひしからと)」など勅名の椿、京の銘椿などがある。モクレン、ロウバイ、サルスベリなどの植栽もある。
◆桂泉 かつて、境内近くに「桂泉(けいせん)」という湧水があり、門前石橋下を流れていたという。
行事 かつて、椿花の散華が行われていたという。
◆年間行事 灌佛会(花供養)(4月8日)。


*非公開 
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『名庭 5 京都尼寺の庭』『京都 神社と寺院の森』



  関連・周辺       周辺       関連泉涌寺       関連光雲寺〔南禅寺〕      関連清凉寺       関連京都御所(京都御苑)      関連相国寺       関連二条城         
 長福寺 〒615-0822 京都市右京区西京極中町25   075-313-1070
 Home      Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光