西光寺 (京都市右京区) 
Saiko-ji Temple

ホーム・京都風光   ホーム・京都風光

山門


山門


山門

 右京区太秦の尼寺の西光寺(さいこうじ)には、浄土宗の開祖・法然の遺骸が一時安置されたといわれている。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来像。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 鎌倉時代、この地には、僧・来迎坊円空の住坊があったともいう。
 1227年、円空は西光寺を創建したともいう。幸阿が現在地に開創したともいう。同年の嘉禄の法難で、比叡山衆徒が法然の墓を破却し、遺骸を鴨川に流すと知った高弟の信空、覚阿弥陀仏らは、遺骸を嵯峨清凉寺(二尊院とも)に一度移した。さらに、太秦広隆寺の円空のもとへ移される。円空は、翌1228年まで7か月間、法然の遺骸を護ったという。
 その後、廃絶する。
 江戸時代、文化年間(1804-1818)、再興された。
◆来迎房円空 平安時代末期-鎌倉時代の僧・来迎房円空(らいげいぼう えんくう、生没年不詳)。詳細不明。法然(1133-1212)の弟子。太秦広隆寺にあり、房号は来迎房といい念仏信仰者だったという。法然の遺体を荼毘に付す際に関わったという。1227年、西光寺を創建したという。
◆仏像 本尊「阿弥陀如来坐像」(95㎝)(重文)を安置する。平安時代初期の作。結跏趺坐、通肩の衣。定印を結ぶ阿弥陀像としては最古例になる。台座背面の銘によれば、かつて法然の念持仏であり、1233年に来迎坊円空に与えたものという。鳥仏師作ともいう。円頭光。台座(宣字裳懸座)は後補による。木造、寄木造、漆箔、玉眼入。
◆法然の墓 鎌倉時代、1212年に法然は大谷の禅堂・禅房(現在の知恩院勢至堂付近)で亡くなる。遺骸は当初、禅房東の崖上(現在の御廟)に葬られ、墓堂(現在の知恩院法然廟)が建てられた。
 1227年6月の嘉禄の法難では、比叡山衆徒が法然の墓を破却し、遺骸を鴨川に流すと知った高弟の信空、覚阿弥陀仏らは、6月22日に遺骸を嵯峨清凉寺(奥嵯峨の二尊院とも)に一度移した。さらに、28日、太秦広隆寺の来迎房円空のもとへ移された。これらの動きに際して、帰依した関東御家人、宇都宮頼綱、千葉入道法阿らが、郎党と共に遺骸の警護に当たった。
 翌1228年1月25日、遺骸は西山粟生(あお、現在の光明寺)の幸阿弥陀仏のもとへ移され、ここで荼毘に付されたという。遺骨は弟子たちがそれぞれ分かち持ったという。1234年、法然の弟子・源智は、現在地、大谷の地に知恩教院大谷寺(後の知恩院)を建立し、法然の遺骨を廟堂に安置した。
◆年間行事 毎年1月24日夜に、嘉禄の法難に因み、西光寺から長岡京市の光明寺までの念仏行脚が行なわれている。


*要事前連絡
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大知典』、案内板、『京都の仏像』『昭和京都名所図会 4 洛西』


  関連・周辺      周辺      関連知恩院     関連光明寺(長岡京市)      関連清凉寺      関連二尊院        

山門

山門
西光寺  〒616-8167 京都市右京区太秦多藪町30  075-861-0985
ホーム・京都風光 50音索引  ホーム・京都風光  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp