龍翔寺・天瑞寺 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Ryusho-j
Temple,Tenzui-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home

門前の石畳参道


龍翔寺


龍翔寺山号扁額「瑞鳳山」


龍翔寺


龍翔寺、「本派専門道場」






龍翔寺延段


【参照】柳殿御所跡(右京区太秦安井、現在の後宇多天皇御髪塔)


【参照】柳殿御所跡(右京区太秦安井、現在の賀陽門門院墓)



 大徳寺境内内にある境外塔頭・龍翔寺(りゅうしょうじ)は、境内3000坪(1万㎡)を有する。
 正式には萬歳龍翔禅寺という。本派専門道場とも呼ばれる。山号は瑞鳳山という。 
 大徳寺派の修行専門道場になる。
◆龍翔寺の歴史年表 鎌倉時代、1309年、第91代・後宇多天皇により寄進された柳殿御所跡(右京区太秦安井、現在の後宇多天皇御髪塔、賀陽門門院墓付近一帯)に、南浦紹明塔所(祥雲庵)として創建された。以後、絶崖宗卓(?-1334)ら、紹明門徒・横岳派が護持する。
 南北朝時代、1378年、焼失する。
 1386年、五山制度改定に伴い、官刹として大徳寺と並び十刹第9位になる。
 室町時代、1431年以降、文明期(1469-1487)、林下になる。以後、徐々に衰微する。
 1458年、1461年とも、一休が寺を訪れた際に荒廃していたため、修理料を寄せたという。また、「感龍翔寺廃」を作詩している。(「臥雲日件録」(「狂雲抄」)
 応仁・文明の乱(1467-1477)以前、寺運隆盛を迎え、寺地(3町歩)は大徳寺に匹敵した。(「太秦村誌」)。寺領寄進も相次ぐ。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 文明年間(1469-1486)、春浦宗煕により再興される。
 1527年、柳本賢治の丹波・三好勝長ら阿波国人衆と細川高国・細川忠賢の桂川原での戦により開山塔、昭堂、方丈、庫裏、開山木像、本尊、寺宝などを焼失する。
 1540年、室町幕府は龍翔寺の大徳寺山内移転、再興を認める。
 1541年、天文年間(1532-1555)、天啓宗いんが、大徳寺山内の白毫寺の地(現在の大徳寺塔頭・三玄院の地)に移転する。以後、大徳寺塔頭になる。太秦安井の跡地には、大応国師の塔所が残された。龍翔寺輪住の僧は、毎年7月に廟参諷経を続けたという。(「雍州府志」)
 1558年、大徳寺の外護・三好長慶は、禁制下付する。
 江戸時代、1816年、焼失した。
 1817年、客殿(現在の三玄院客殿)が再建された。
 江戸時代末、別山になり、大徳寺長老が隔年で輪住した。(「龍宝摘撮」)
 近代、明治期(1868-1912)、廃仏毀釈により廃絶する。
 1925年、大正期(1911-1926)とも、現在地の大徳寺塔頭・天瑞院跡に実業家・山口玄洞の寄進により再建された。以後、大徳寺派の専門道場になる。
◆南浦紹明
 鎌倉時代の臨済宗の僧・南浦紹明(なんぽ じょうみょう、1235-1308)。駿河に生まれた。建穂寺の浄辨に天台宗を学ぶ。1249年、15歳で剃髪受戒、鎌倉・建長寺の蘭渓道隆に師事、1259年入宋、杭州・浄慈寺の虚堂智愚に学び後に法嗣。1265年、虚堂に従い径山・万寿寺に移る。1267年、帰国、建長寺の蘭渓に参じ蔵主、1270年、筑前・興徳寺、1272年、太宰府・崇福寺、1304年、後宇多法皇(第91代)の詔により上洛、洛西安井・韜光庵(とうこうあん)に住した。1305年、東山・万寿寺に入る。法皇による東山・嘉元寺開山は成らなかった。1307年、北条時貞の帰依により建長寺に入る。塔所は鎌倉・天源塔、筑前・崇福寺の瑞雲塔、京都安井・龍翔寺にある。門弟多く、臨済禅大応派の祖。
 没後、1309年、後宇多法皇に贈られた国師号「円通大応国師」は日本初例になる。
◆後宇多天皇 鎌倉時代の第91代・後宇多天皇(ごうだ てんのう、1267-1324)。亀山天皇第2皇子、皇后は藤原佶子(京極院)。亀山上皇による院政下、8歳で即位した。治世中、モンゴルの来襲(1274年、1281年、元寇、文永・弘安の両役)が起こる。1287年、譲位後、自らも94代・後二条天皇、 96代・後醍醐天皇時に院政を敷いた。1307年、仁和寺で落飾し、金剛性と称し、大覚寺に入寺、門跡になった。1308年東寺灌頂院で伝法灌頂を受法した。大覚寺御所で亡くなる。
◆嘉陽門院 鎌倉時代の皇族・嘉陽門院(かようもんいん、1200-1273)。礼子。礼子内親王。後鳥羽天皇の第2皇女。母は坊門局(内大臣坊門信清の女)。1204年、5歳で内親王宣下、准三宮、斎院卜定。1205年、左近衛府へ初斎院入り。1206年、紫野院へ入る。1212年、病により退く。1214年、院号宣下。1220年、同母兄弟・道助入道親王により出家、法名は真如性。1221年、承久の乱後、賀茂斎院は廃絶し、礼子内親王が歴代最後の斎院になる。
 龍翔寺旧地(柳殿御所跡)に葬られたのは、かつて斎院がこの地にあったからともいう。
◆絶崖宗卓 鎌倉時代の臨済宗の僧・絶崖宗卓(ぜつがい そうたく、?-1334)。南浦紹明に師事し、法を嗣ぐ。筑前・崇福寺、京都・万寿寺、南禅寺住持。鎌倉・浄智寺、豊後・円福寺を開き紹明を開山とし、自らは2世になる。諡号は広智禅師。
◆春浦宗煕 室町時代の臨済宗の僧・春浦宗煕(しゅんぽ そうき、1409-1496)。播磨の人。6歳で建仁寺・乾心和尚に師事、18歳で出家、得度した。蔵主になる。大徳寺に移り、養叟宗頤の法を嗣ぐ。東山・大蔭庵、大徳寺・大用庵に住した。1461年、大徳寺40世。1464年、大徳寺・養徳院の住持。応仁・文明の乱(1467-1477)を避け摂津・城福寺、堺・陽春庵に移る。1473年、大徳寺再住、復興を行う。1481年、伏見・清泉寺の開祖。1492年、大徳寺に松源院を開く。諡号は1490年に「正続大宗(しょうぞくだいしゅう)禅師」。松源院に塔された。
◆天啓宗いん 室町時代の臨済宗の僧・天啓宗いん(てんけい そういん、?-1551)。能登の人。小溪紹ふの法嗣。1533年、興臨院納所、1538年、大徳寺94世。1541年、龍翔寺住持、1545年、大徳寺。越前・福原寺の玉雲庵を開く。大徳寺・玉雲軒を創建した。大智仏勝禅師。龍源門下玉雲派の祖。弟子に雲叔宗慶(うんしゅく そうきょう)。  *「宗いん」の「いん」は、西(上)、土(下)+欠。また、西(上)、土(下)。
◆玉仲宗琇 室町時代-江戸時代の僧・玉仲宗琇(ぎょくちゅう そうしゅう、1531-1614)。日向の人。春林宗俶の法を嗣ぐ。1570年、大徳寺112世。小早川隆景、今井宗久らと親交をむすぶ。豊臣秀吉の信により、大徳寺山内に秀吉の母・大政所のために天瑞院を開いた。第106代・正親町天皇から仏機大雄禅師の号を贈られる。
◆大政所 室町時代-安土・桃山時代の女性・大政所(おおまんどころ、1513-1592)。仲(なか)。法名は天瑞院春岩。尾張国に生まれる。織田家足軽、雑兵・木下弥右衛門に嫁ぎ、1534年、日秀、1537年、秀吉を産む。夫病没後、織田信秀に仕えた同朋衆・竹阿弥に再嫁した。1540年、秀長、1543年、朝日姫を産む。1585年、秀吉の関白任官に伴い、従一位に叙された。以後、大政所と呼ばれた。1586年、秀吉は徳川家康の正室に送った妹・朝日姫に続き、母・大政所も岡崎城に人質として送り、家康の上洛、秀吉との拝謁を促した。大政所は1590年、朝日姫、1591年、秀長に先立たれる。聚楽第で亡くなる。
 墓所は大徳寺の龍翔寺、天瑞寺の寿塔覆堂は後に横浜に移された。本国寺に、弥右衛門、婿・三好吉房、孫・豊臣秀保と合祀された供養塔がある。
◆狩野永徳 室町時代-安土・桃山時代の画家・狩野永徳(かのう えいとく、1543-1590)。源四郎。狩野松栄の長男。1552年祖父・元信とともに室町幕府将軍・足利義輝へ正月参賀に赴く。1566年、創建の大徳寺・聚光院の障壁画を父と制作する。1576年、織田信長の安土城、1583年、総見院、1585年、豊臣秀吉の大坂城、 1586年、正親町院御所、1587年、秀吉の聚楽第、1588年、大徳寺・天瑞寺、1589年、後陽成天皇の内裏、1590年、京都御所などの障壁画を一門とともに手掛ける。東福寺法堂天井の龍図制作中に急逝した。龍図は弟子・山楽が引き継ぐ。
 1574年、足利義輝の注文により23歳で描いた「上杉本洛中洛外図屏風」は、織田信長から上杉謙信に贈られたといわれている。大徳寺・聚光院には障壁画があり、現存するもので当時のままに鑑賞できる唯一の作品になる。
◆山口玄洞 近代の実業家・山口玄洞(やまぐち げんどう、1863-1937)。広島県の生まれ。医業と副業の醤油販売業・山口寿安の長男。1871年、9歳で愛媛の漢学塾「知新館」に学ぶ。1877年、父急死により、尾道で行商を始める。1878年、大阪の洋反物店「土居善」に丁稚奉公に出る。1881年、倒産により鳥取で商う。1882年、大阪で洋反物仲買「山口商店」を開業し、輸入織物のモスリンを扱い成功する。1896年、山口家4代目として玄洞を襲名した。1904年-1906年、高額納税者のため貴族院勅任議員に互選される。三十四銀行取締役、大阪織物同業組合初代組長、泉尾土地会社・尼崎紡績、大日本紡績(現ユニチカ)・毛斯倫紡績・大阪商事などの役職を兼ねる。1917年、引退し、京都の本邸で隠居、仏教を篤く信仰する。資産の多くを公共・慈善事業、寺社に寄付し、表千家も後援した。墓は大徳寺・龍翔寺、尾道の西國寺にある。
◆普光塔 鎌倉時代、1309年、第91代・後宇多天皇は、南浦紹明に「円通大応国師」の勅諡号をと塔頭敷地として太秦安井(右京区)の柳殿御所跡を贈った。この地に、絶崖宗卓(?-1334)らが塔所として龍翔寺(祥雲庵)を創建し、普光塔と称された。以後、紹明門徒・横岳派が護持した。寺は1378年、応仁・文明の乱(1467-1477)、1527年に焼失し、1541年に大徳寺山内に移された。
 旧地には現在、後宇多天皇御髪塔、賀陽門門院墓付などが遺されている。
◆天瑞寺 天瑞寺(てんずいじ)は、大徳寺内に建てられた。寺号は豊臣秀吉の母・大政所の法号「天瑞寺殿春岩宗桂大禅定尼」による。山号は金鳳山といった。
 安土・桃山時代、1588年、豊臣秀吉は、母・大政所の病気平癒を祈願し、大徳寺塔頭・総見院の西(現在の龍翔寺の地)に創建する。開祖は黄梅院の玉仲宗琇による。客殿、庫裏、鐘楼が建てられた。狩野永徳が客殿に障壁画を制作する。玉仲宗琇は1589年に「天瑞寺之規縄」を定めた。
 1595年、大政所の病気平癒と長寿を祝い、石造の寿塔を建立し、覆堂に納める。
 近代、1874年、衰退し廃寺になる。
◆三玄院
 大徳寺・塔頭の三玄院は、安土・桃山時代、1589年、石田三成、浅野幸長、森忠政らが、大徳寺111世・春屋宗園を開山として創建した。当初は、現在地の西隣にあった。近代に入り、現在地に移る。この地にあった龍翔寺の部材により再興された。
◆建築 豊臣秀吉の命により、羽柴秀長が天瑞寺の作事奉行を務めた。客殿(方丈)は桁行18間、梁行20間、庫裏、鐘楼が建てられる。
 天瑞寺の当初の寿塔覆堂(重文)は、大徳寺塔頭・瑞光院、黄梅院の所有を経て、近代、1902年に横浜・三渓園に移築され現存している。
 龍翔寺の現在の禅道場は、大徳寺塔頭・総見院より移築された。
 龍翔寺の旧客殿は、江戸時代、1817年に再建された。現在は、大徳寺塔頭・三玄院の客殿として使われている。
◆茶室 龍翔寺の現在の茶室「韜光庵(とうこうあん)」は、実業家・山口玄洞(1863-1937)好みの五畳で中柱を立てる。
◆障壁画 天瑞寺客殿は8室あり、1588年、狩野永徳は総金張りの7室に極彩色の松の間(朝日を表す金の円板、名月を表す銀の円板)、竹、梅、菊、水墨の山水、三笑、富士の図を描いた。その後、これらはすべて失われた。
◆文化財 龍翔寺に大応国師(南浦紹明)木像。
◆墓 龍翔寺境内の西北隅に大政所の墓(寿塔)がある。かつて、廟堂に覆われていた。寿塔覆堂は、横浜の三渓園に移され保存されている。 

龍翔寺 柳殿御所跡(右京区太秦安井)→白毫寺旧地(現在の大徳寺・三玄院の地、龍翔寺旧地)→天瑞寺旧地(現在の龍翔寺の地)
天瑞寺 現在の龍翔寺の地→廃寺
三玄院 現在の三玄院(龍翔寺旧地)の西→現在地(龍翔寺旧地)



*非公開
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『雍州府志』『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』『事典 日本の名僧』『京都大事典』『京都府の歴史散歩 上』『秀吉の京をゆく』


  関連・周辺大徳寺      関連・周辺黄梅院〔大徳寺〕       周辺       関連智積院         
龍翔寺・天瑞寺〔大徳寺〕  〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町61  075-492-5466

より大きな地図で 龍翔寺 を表示
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp