大法院 〔妙心寺〕 (京都市右京区) 
Daiho-in Temple
大法院 大法院
  Home   Home

「贈正四位象山佐久間先生墓道」の碑


山門




真田家の家紋「六文銭」




この奥に、佐久間象山の墓地がある。




「佐久間先生墓」の石標

 妙心寺塔頭の一つ大法院(だいほういん)は、境内西に位置している。
 臨済宗妙心寺派大本山。当初は東海派、後に龍泉派。 
 御朱印(特別拝観時限定)が授けられる。
◆歴史年表 江戸時代、1625年、武将・真田信之の菩提寺として、信之の遺命に従い孫・長姫により創建された。開祖は淡道宗廉(たんどう そうれん)による。当初は、妙心寺四派(龍泉派・東海派・霊雲派・聖澤派)のうち東海派に属した。寺名は信之の法名「大法院殿徹岩一明大居士」に因む。以後、松代藩・真田家より、毎年50石が施入れされ、藩寺として外護された。
 1628年、松平忠明が、母・徳川亀姫の菩提のために、光国院の梁南禅棟(りょうなん ぜんとう)により中興したともいう。開山したともいう。開山以後、龍泉派柏庭下となり、塔頭・成徳院も併合した。
 近代、1878年、松林院(しょうりんいん)を併合する。
◆淡道宗廉 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・淡道宗廉(たんどう そうれん、生没年不詳)。妙心寺175世・絶江紹隄の法嗣、大統院開祖、大転法輪禅師と呼ばれた。
◆真田信之 安土・桃山時代-江戸時代初期の武将・真田信之(さなだ のぶゆき、1566-1658)。上野国の沼田城主・真田昌幸の子に生まれた。真田幸村(1567-1615)の兄に当たる。1582年、駿河・徳川家康の許へ人質として送られる。1593年、沼田城主、伊豆守、1600年、関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と弟・幸村(信繁)と別れ、徳川方に属した。上田城に移り、1615年、大坂の陣に加わり、松代藩初代藩主になる。後に剃髪し、一当斎と称した。
◆長姫 江戸時代の女性・長姫(?-1702)。真田信之の長男・信吉の長女。千草大納言有能(1615-1687)の正室。妙心寺東海派、玉浦下の妙心寺175世・絶江紹ていに帰依した。
◆亀姫 安土・桃山時代-江戸時代前期の女性・亀姫(かめひめ、1560-1625)。駿河・徳川家康の長女。三河の新城城主・奥平信昌の妻。信昌の国替えにより美濃加納に移り、加納御前、加納の方と呼ばれた。1622年、宇都宮城主・本多正純が、出羽山形の最上氏の処分に際して咎をうけ城を没収された宇都宮騒動に関わり、弟の2代将軍・徳川秀忠に働き老中・本多正純を解職させた。夫子らの相次ぐ逝去により剃髪し、盛徳院と号した。
 大法院には、亀姫の「盛徳院殿像」を安置している。本堂に位牌が祀られている。
◆梁南禅棟 安土・桃山時代-江戸時代の僧・梁南禅棟(りょうなん ぜんとう、?-1625)。大須・總見寺2世、1620年、妙心寺・光国院開山。1628年、亀姫菩提寺の妙心寺・盛徳院の開山。
◆佐久間象山 江戸時代末期の思想家・兵学者の佐久間象山(さくま しょうざん、1811-1864)。信濃松代藩8代藩主・真田幸貫の儒臣。江戸で儒学者佐藤一斎に学び、神田で塾を開く。1842年、老中・真田幸貫に外敵の侵略に備えることを説く「海防八策」を提出した。砲術家・江川英竜に西洋砲術を学び、勝海舟らに教えた。1854年、吉田松陰の密航事件に連座し入獄となり、1862年まで、国許で蟄居となる。1864年、幕命により上京、公武合体、開国を説き、一橋慶喜、皇族、公卿の間で奔走した。三条木屋町筋で浪士により暗殺される。墓所は妙心寺・大法院にある。
◆土方稲領 江戸時代の絵師・土方稲領(ひじかた とうれい、1741-1807)。鳥取藩家老荒尾家家臣・土方右衛門の子という。江戸・宋紫石に師事、1782年-1783年頃、京都に滞在した。1798年、鳥取藩7代藩主・池田斉邦に招かれ藩絵師になる。
 大法院には「長姫像」(1800)、「瀑布図」(1798)、障壁画「叭叭鳥図」、妙心寺塔頭・春光院、大雄院にも作品がある。
◆成徳院 塔頭・盛徳院は、徳川家康長女・亀姫(1560-1625)の法名であり、その菩提寺になる。
 塔頭・盛徳院は1878年、松林院を併合した。
◆光国院  龍泉派の光国院の開山は梁南禅棟、開基は松平忠隆、江戸時代、1620年に創建される。徳源寺の宿院だった。
◆松林院 江戸時代、1690年建立。開祖は淡道、開基は中村氏による。近代、1878年、大法院に併合された。
◆木像 盛徳院殿像がある。
◆庭園 方丈西、南、東に露地庭園がある。西が外露地となり、飛石は腰掛待合に続く。中露地を経て、茶室「有隣軒(ゆうりんけん)」の内露地があり、三段茶庭になる。庭には飛石、延段、灯籠、蹲踞が据えられ、楓などの植栽がある。
◆茶室 四畳半の 茶室「有隣軒」がある。論語「徳不孤必隣有」により名付けられた。
◆文化財 客殿襖絵は江戸時代中期の絵師・土方稲領の「叭叭鳥図(ははちょうず)」8面がある。鳥100羽が梅の老木に群がり飛ぶさまを表す。禅語「長空鳥任飛(ちょうくう とり とぶにまかす)」とは、心境の思うままに自由自在の有り様という。稲領は鳥取池田藩に仕え、雲谷派(開祖・雲谷等顔)に属した。
 叭叭鳥は八哥鳥ともいい、ムクドリ科、小九官鳥ともいう。飼い鳥であり、中国、東南アジアに生息する。
 ほかに、海北友松、鈴木松年、酒井抱一などの作品がある。
 渡辺了景筆「山水図」4面、片山尚景筆「山水図」8面。
◆文学 作家・大佛次郎は、当院の茶室「有隣軒」を気に入り、鎌倉より度々通っていたという。
◆墓 長姫の姻戚関係により、真田家、千種家、久我家(くがけ)、内藤家の菩提所になっている。
 信濃松代藩真田一門の墓がある。
 佐久間象山の墓がある。碑面に「象山佐久間先生之墓」と刻まれている。碑の高さ3m、台二重。
◆花暦
 緑紅葉、紅葉で知られている。参道両脇に躑躅(4月-5月)が植えられている。
◆年間行事 春の特別拝観(限定の御朱印授与。)(4月10日-5月15日)、秋の特別拝観(限定の御朱印授与。)(11月1日-11月30日)。


*普段は非公開、特別拝観があります。
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『京都・山城寺院神社大事典』『妙心寺 六百五十年の歩み』『増補版 京都の医史跡探訪』『文学散歩 作家が歩いた京の道』『京都の隠れた御朱印ブック』


  関連・周辺妙心寺      関連・周辺玉鳳院〔妙心寺〕     関連・周辺龍安寺〔妙心寺〕      関連・周辺桂春院〔妙心寺〕      関連・周辺隣華院〔妙心寺〕     関連・周辺退蔵院〔妙心寺〕      関連・周辺衡梅院〔妙心寺〕      関連・周辺大心院〔妙心寺〕      関連・周辺東海庵〔妙心寺〕      関連・周辺海福院〔妙心寺〕       周辺     関連          


庫裏

庫裏、「大ほう院」の扁額が掛る。


露地庭に続く延段


玄関

玄関

方丈

本尊

真田家家紋「六文銭」

德川家家紋「三つ葉葵」

真田信之像、江戸時代、作者不詳



花園仁山筆の「大瀍院(たいほういん)」の額。「瀍」のうち「廌(たい)」は善悪を見分けるとされる想像上の動物であり、裁判に関する意符(意味を成す部分)になる。「去」は厠を意味し、水により便を流棄させることから、社会の不用、害毒を流し去るの意がある。また、「去」は「拒」の音に通じ、水害を防ぐための堤防に囲まれた地は水が平らであることから、これも裁きの公平さを示すという。 

釘隠し


「佐久間象山像」、江戸時代末期から現代の画家・菊池契月(1879-1955)の紙本墨。契月は長野県に生まれる。菊池芳文(1862- 1918)の四条派を修める。

佐久間象山像

佐久間象山筆「常賞」

「日々是好日」

渡邊了慶の障壁画、安土・桃山時代後期から江戸時代初期の画家・渡邊了慶(?-1645)は、出羽国に生まれた。藩に仕え、京都の狩野光信に学ぶ。1605年、光信や狩野興以らと高台寺障壁画を描く。晩年は平戸・松浦藩の御用絵師になったという。江戸・種徳寺に葬られた。

外露地蹲踞

茶室「有隣」

茶室「有隣」

茶室「有隣」

茶室「有隣」の内露地の庭


中露地、苔と飛石、植栽により構成される。楓があり、新緑の頃の緑紅葉と秋の紅葉の名所にもなっている。

腰掛待合

腰掛待合前の石灯籠

西の外露地、飛石、苔地


外露地の石燈籠

外露地
 大法院 〒616-8023 京都市右京区花園大藪町20   075-461-5162
  Home     Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光