慈済院 〔天龍寺〕 (京都市右京区)
Jisai-in Temple
慈済院 慈済院 
50音索引  Home 50音索引  Home





庫裡



庫裡



土塀
 天龍寺の境内、総門から入る参道の北側中ほどに塔頭・慈済院(じさいいん)はある。
 臨済宗天龍寺派。  
 天龍寺七福神めぐりの一つ、3番、弁財天(水摺大弁財天)を祀る。
◆歴史年表 南北朝時代、1363年、無極志玄(むごく  しげん)を開基とする。当時の朱印高は97石5斗あり、塔頭の中で最高の石高だった。当初の境内地は現在地の南東、斎明神社の南にあった。
 江戸時代、寛永年間(1624-1645)、焼失し、境内を移す。
 宝暦年間(1751-1763)、財政逼迫し荒廃する。(「年中記録」)
 1792年、焼失する。
 文化年間(1804-1818)、焼失した。
 近代、1930年、福寿院を合併する。
◆無極志玄 鎌倉時代-南北朝時代の臨済宗の僧・無極志玄(むごく しげん、1282-1359)。京都の生まれ。父は第84代・順徳天皇の孫・尊雅王。四辻善成の兄。南洲宏海のもとで出家、東福寺の無為昭元に学ぶ。鎌倉・円覚寺の夢窓疎石に師事、その法嗣となる。南禅寺、臨川寺に住した。1346年、天龍寺2世。諡号は仏慈禅師。
◆弁財天 弁天堂には、天龍寺七福神めぐりの一つである弁財天(水摺大弁財天)を祀る。
 逸話が残る。夢窓疎石(1275-1351)が、朝鮮伝来の栴檀木に一刀三礼して彫り、着物にも不自由していた弟子・無極志玄に授けたものという。後に、志玄は栄達し、これも弁財天のご加護によるものとして、その姿を水摺りにし広く分かち与えた。以来、「水摺大弁財天」と呼ばれた。弁財天の姿は、信仰篤い人のみに現れるという。
◆建築 建物は度重なる火災により失われた。現在のものは、江戸時代の建立によるという。
 弁天堂の門は、来福門と呼ばれ、唐様になる。
 土塀が残る。瓦を塗り込んでいる。
◆文化財 絹本着色「足利義持像」がある。
 弁天堂の天井に、見事な天龍図が描かれている。
◆天龍寺七福神 天龍寺七福神めぐりの一つ、弁財天(水摺大弁財天)を祀る弁天堂がある。夢窓国師が、朝鮮伝来の栴檀木に一刀三礼して彫り、弟子の無極志玄に授けたという。
 天龍寺七福神めぐりは、節分(2月3日)に天龍寺の総門前、法堂前で福笹を受け、境内塔頭7か寺を巡る。七福神が開扉され、お札を授かり一年の幸福を祈願する。三秀院(東向大黒天)、慈済院(水摺大弁財天)、弘源院(三国伝来毘沙門天)、松厳寺(福禄寿)、妙智院(宝徳稲荷)、寿寧院(赤不動明王)、永明院(恵比寿)の7塔頭になる。
◆墓 旧地、斎明神社の南に当院の墓地が残る。
◆修行体験 坐禅の会「蕉堅会」(毎月1回日曜日、2:00)。 
◆年間行事 天龍寺七福神めぐり(節分、2月3日)、巳成金(9月)、大祭(11月第三日曜日)。
 月次祭(毎月7日、17日、27日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『天龍寺』『京都の禅寺散歩』『京の福神めぐり』


  関連・周辺天龍寺      関連・周辺弘源寺〔天龍寺〕      関連・周辺松巌寺〔天龍寺〕      関連・周辺妙智院〔天龍寺〕      関連・周辺寿寧院〔天龍寺〕      関連・周辺永明院〔天龍寺〕     周辺       関連斎明神社        

土塀、瓦を塗り込んでいる。

来福門

来福門

弁天堂


弁天堂

弁天堂


弁天堂、天龍図
 慈済院  〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町66  075-861-0316
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光