龍源院 〔大徳寺〕 (京都市北区) 
Ryogen-in Temple
龍源院  龍源院
  Home   Home

















庫裏






四方蒔絵の碁盤


火縄銃


阿吽の庭



阿吽の庭
 大徳寺塔頭の一つ龍源院 (りょうげんいん/りゅうげんいん)は、「洛北の苔寺」といわれ、大徳寺山内で最も古い寺とされている。龍源寺派(大徳寺南派)の拠点になる。 
 南派の法源地本院、大徳寺南派本庵(院)。本尊は釈迦如来像。
◆歴史年表 室町時代、1502年、1504年、1506年とも、大徳寺72世・東溪宗牧(とうけい そうぼく)を開祖として、能登の領主・畠山義元、近江の佐々木氏、豊後の大友義長(大友宗麟の祖父)、周防国守護・大内義興らにより創建された。(『都林泉名勝図会』)。この東溪の退居庵は、徳禅寺の西の現在地にあり、「霊山一枝軒(庵)」と称した。
 また、永正年間(1504-1520)、能州大守・畠山修理大夫義隆の建立ともいう。(『龍宝山大徳禅寺志』『都林泉名勝図会』)。同年間、客殿が建てられる。
 1517年、東渓宗牧が亡くなり、2世・悦溪宗忢が継ぐ。
 後に龍源院と改めた。山号より「龍」と、臨在禅で唯一の意味の「松源一脈」の「源」から成る。松源とは、中国臨済宗松源派の祖・松源崇岳をいう。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、御朱印配当37石8斗4升5合を有した。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、大阪住吉神社内慈恩寺と、岐阜高山城主・金森長近が大徳寺境内に創建した金竜寺を合併した。
◆東渓宗牧 室町時代の僧・東溪宗牧(とうけい そうぼく、1455-1517)。何似生(かじせい)、閑々子(かんかんし)。筑前に生まれた。博多・妙楽寺で出家。春浦宗煕に師事、鐵牛の号を授かる。亡くなる際に春浦は鐵牛を実伝宗真に付託し、その法嗣になり東溪と改めた。1505年、大徳寺72世、大徳寺南派、1512年、第104代・後柏原天皇より仏恵大円禅師の号を贈られる。大徳寺・龍源院、近江・龍松山大雲寺、近江・円覚山中興寺、伊勢・拈華山正法寺などを創建した。龍源院に塔された。
◆松源崇岳 松源崇岳(しょうげん すうがく、1139-1203)。中国・臨済宗松源派の祖とされ、仏果円悟下5世、密庵下2世に当る。
◆大友義長 室町時代の周防・長門両国の戦国大名・大友義長(1478-1518)。晴英。豊後の大友氏の第20代当主・大友義鑑の次男として生まれた。叔父・大内義隆の猶子となる。後に解消されるが、1551年、大寧寺の変により義隆が殺されると、大内氏の新当主となる。毛利元就との戦に敗れ自刃し、西国周防の大内氏は滅亡した。
◆悦溪宗忢 室町時代の臨済宗の僧・悦溪宗忢(えっけい そうご、1464-1525)。宗悟。仏照大鏡禅師。近江の生まれ。東溪宗牧に参じ、その法嗣。1515年、大徳寺79世。龍源寺2世。龍源寺に参雨軒、晶光庵を創建。1514年、五ヶ条法度、1515年、十誓文を制した。参雨軒に塔された。 
◆鍋島岳生 近現代の作庭家・鍋島岳生(なべしま がくしょう、1913-1969)。佐賀鍋島藩の末裔、本名は雄男、後に岳生と号した。東京農業大学出身。重森三玲らによる全国一斉古庭園実測調査(1936-1938)の実測製図を担当した。的確な実測、製図には定評があり、実測に基づいて壺庭「東滴壺」が作庭された。遺作となった。
◆仏像 本尊の美仏「釈迦如来坐像」(重文)(52㎝)は、鎌倉時代の快慶弟子、行心の作による。胎内に「建長二年(1250年)」の墨書があった。右手は施無畏印、左手は与願印を結ぶ。京都八釈迦の一つに数えられている。木造、漆箔、玉眼。
◆建築 「方丈」(重文)は、室町時代、1502年、また永正年間(1504-1520)の建立ともいう。日本最古の方丈建造物になる。禅宗方丈建築の様式を完全に残した唯一の遺構とされている。方丈正面中央の室中(しつちゅう)は住持が禅を説き、問答、儀式法要などを行う場になる。その奥の真前(しんぜん)には祖師、開祖を祀る。その裏に眠蔵(みんぞう/めんぞう、侍眞寮)があり、僧は二畳の暖席(敷物の畳)で休んだ。江戸時代、寛永年間(1624-1645)には仏間として造営されたものを、1964-1966年に創建時の様式に復元した。左奥の上間(じょうかん、正位、衣鉢間、室銘は狸窟)は、衣鉢(三衣の五条、七条、九条袈裟)を納める所であり、日常生活を行う居間になる。その前の次の間の檀那ノ間(だんなのま)は、寺の檀越、檀家と住持が歓談する部屋になる。室中右の奥の間に下間(げかん、客位、書院の間、室銘は狐窟)があり、公式の賓客と応対相見した。その下手の間の礼ノ間は、住持、修行僧が公式の茶礼、香礼などを行う場であり、古くは大名公家のお供の控所になった。
 当院の特徴として、他院では真前を仏間形式とし客殿様式とするが、当院にはそれが見られない。当院には、上間に敷物の畳である暖席(2畳)があり、高貴な人々が使用した。下間には暖席が「コ」の字形に5畳ある。眠蔵脇にも暖席(2畳)があり、ほかの間には用いていないなどが挙げられる。1964-1966年の方丈解体修理に際して、室町時代、1548年の古文書などが発見された。その際に、創建時の様式に復元された。現在、真前には開祖、師らの頂相を掛けている。一重入母屋造、檜皮葺。桟唐戸は禅宗様、外定付。平面積175.014㎡、桁行14.795m、軒面積299.349㎡、梁間11.836m、屋根面積370.535㎡。
 「唐門」(附玄関、重文)も方丈と同年建立で日本最古、一重切妻造、檜皮葺。
 「表門」も方丈と同年建立、四脚門切妻造、檜皮葺。
◆茶室 「参雨軒(さんうけん)」(8畳、6畳、8畳)がある。
◆庭園 庭園は方丈四方に5つある。北庭の「龍吟庭(りょうぎんてい)」、南庭の「一枝坦(いっしだん/いっしたん)」、東の壺石庭の「東滴壷(とうてきこ)」、「阿吽(あうん)の石庭、こ沱底(こだてい)」、「開祖堂前庭」になる。
 ・北庭「龍吟庭」は主庭になる。室町時代、相阿弥(そあみ)作庭によるという。須弥山式の枯山水式庭園で三尊石組、全面を覆う杉苔からなる。苔地は大海、石組は陸地を表している。中央の石組が須弥山で主石の立石は右にやや傾く。その天端は水平に切られる。その左右に二つの石が組まれ三尊石になる。その前に円い板石「遥拝石(礼拝石、座禅石)」がある。
 また、須弥山を滝組、臥石を水分石(みくまりいし)とするともいう。また、宝珠を追う雲間から現れた青龍の頭であり、点在する石組はその背鰭(せびれ)ともいう。クロガネモチなどわずかな植栽がある。
 ・臥石の南庭は「一枝坦」という。開祖・東渓宗牧禅師が、師・実伝和尚より贈られた室号「霊山一枝之軒」より名づけられたという。1980年、喝堂和尚住持の作庭による。白砂と石組、苔地で構成され、白砂は大海を表す。東(左)に楕円形の苔山に亀島があり二石が配されている。西に鶴島、奥に蓬莱山、その脇に板石の「一枝坦」が据えられている。
 なお、庭はかつて、石燈籠と苔庭で構成されていた。樹齢700余年という中国種の山茶花「楊貴妃」が植えられ、11月中旬-4月に深紅の花をつけていたという。だが、1980年に枯死し、枯山水式に作庭しなおされた。
 ・東の壷庭「東滴壷」は、日本最小の石庭であり、白砂に3石と2石の2群5個の石のみで構成されている。一水滴が渓流となり、やがて大河、大海となる様を描く。1960年、鍋島岳生(1913-1969)の作庭による。重森三玲を中心に行われた全国一斉古庭園実測調査(1936-1938)の実測に基づき、石の選定、組み方などに無駄がないとされている。「東滴壷」が鍋島の遺作となった。
 ・庫裡南軒先の「こ沱底(こだてい)」は「阿吽(あうん)の石庭」ともいわれる。名は、宗祖が住んだ中国河北鎮州城南を流れる「こ沱河」による。
 白砂に、秀吉が建立した聚楽第の基礎石が東西に配され、西の穴の空いた石を「阿の石」、東を「吽(うん)の石」という。
 ・西の「開祖堂前庭」には、鶏足山(けいそくざん)に、苔地に石畳、灯籠などが配されている。
◆文化財 室町時代、1515年の「東溪宗牧頂相賛」。
 「龍源院」の額は、明・方梅崖の書による。
 方丈襖絵に室町時代、等春筆「列仙の図」。鈴木松年筆「城蔵主と月にむら雲」一双。室中に江戸時代初期の襖絵「龍と波」。
 豊臣秀吉、徳川家康が対局した四方蒔絵の碁盤、安土・桃山時代、「天正十一年」(1583年)の在銘のある日本最古の種子島銃。
 楊茂「玻瑠龍文様堆朱大香合」。
◆白蔵主の屏風 方丈東の間の隅に「白蔵主(はくぞうす)」の屏風が立てられている。逸話が残る。
 かつて堺・南宗寺の塔頭・松林寺に、一人の雲水僧があり修行を積んでいた。僧は時折、こっそりと市中に出ては、貧者を助けていた。やがて和尚に成り、思い悩む人々を救済した。この雲水とは、実は山内の耕雲庵に住していた古狐だったという。
 1960年、突然に当院を訪ねる者があった。大阪の某人であり、その理由を尋ねた。その人は、当院の門前まで来て、先に足が一歩も進めなくなった。やむなく、意を決して山門を叩いたという。某氏によれば、近頃家業振るわず、家庭に不幸も続いた。ある行者に見てもらうと、家に狐の軸か屏風がないかと問う。もしも、狐の絵があれば、その狐はまだ修業の身であり、業を積みたいと願っているという。一日でも早く絵を寺に納める方がよいと進言した。それも、大阪の北、京都の寺で、どこか絵を望む所がないかという。そのため、行者らとともに京都に向い、当院に辿り着いたという。
 当院方丈東の間には、大徳寺180世・禅海宗俊筆の「狐窟」の扁額が掛けられていた。その縁により、屏風は当院に寄進されいまも飾られている。某氏はその後、平穏無事に暮らしたという。
 松林寺では、狐亡き後、耕雲庵の裏山に祠を建て狐を祀ったという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『古寺巡礼 京都 17 大徳寺』『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』『京の庭』『京都 名庭を歩く』『仏像めぐりの旅 5 京都 洛北・洛西・洛南』『京都・山城寺院神社大事典』『推賞 日本の名園 京都・中国編』『京都の寺社505を歩く 下』『京都の仏像』『寺社建築の鑑賞基礎知識』『古都歩きの愉しみ』 『京都古社寺辞典』『京都の名園 庭』『京都 四季の庭園』


  関連・周辺大徳寺      関連・周辺瑞峯院〔大徳寺〕      関連・周辺高桐院〔大徳寺〕      関連・周辺大仙院〔大徳寺〕      関連・周辺真珠庵〔大徳寺〕      関連・周辺黄梅院〔大徳寺〕      関連・周辺芳春院〔大徳寺〕      関連・周辺興臨院〔大徳寺〕      関連・周辺総見院〔大徳寺〕       関連・周辺孤篷庵〔大徳寺〕       関連・周辺竜光院(龍光院)〔大徳寺〕       関連      周辺       

阿吽の庭、阿の石

阿吽の庭、吽の石

阿吽の庭

東滴壷

東滴壷

方丈

唐門

檀那の間 

方丈 

方丈 



方丈 

方丈 

室中(しつちゅう)

南庭

南庭

開祖堂、開祖の塔所、一重入母屋造、檜皮葺、昭和に造られた唐様。

方丈前庭にある桃山型石燈籠、もとは大宮御所にあったという。

上間(じょうかん)、衣鉢間(えはつのま)

眠蔵(みんぞう/めんぞう)

眠蔵(みんぞう/めんぞう)

下間(げかん)、書院の間、狐窟

下間(げかん)、書院の間、狐窟、「白蔵主(はくぞうす)」の屏風

下間(げかん)、書院の間、狐窟

北庭

北庭


茶室「参雨軒」

「滴菴」の額


門前の石畳参道
map 龍源院  〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町82-1 075-491-7635  9:00-16:30

より大きな地図で 龍源院 を表示
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光