光照院・持明院跡 (京都市上京区) 
Kosho-in Temple
光照院・持明院跡 光照院・持明院跡
 Home  Home



「旧常盤御所光照院門跡」の寺号板


恵聖院



華道常盤未生流の家元




「持明院仙洞御所跡」の石標






常盤会館




松の大木



安楽小路町の地名が残る。かつて安楽光院と称した。
 安楽小路町にある尼門跡寺院の光照院(こうしょういん)は、常盤御所とも呼ばれた。
 山門脇に、「持明院仙洞御所跡」の石標が立ち、南北朝時代、北朝拠点の持明院殿旧地になっている。山号は佛日山という。正式には光照院門跡という。
 浄土宗単立、本尊は釈迦如来立像。
 尼寺霊場(尼寺三十六所巡礼第2番)の一つ。
◆歴史年表 南北朝時代、1356年、第96代・後伏見天皇皇女・進子内親王(本覚尼、自本覚公)により、室町通一条北(上京区)に、尼寺の光照院が建立された。律を基本とし、天台、真言、禅、浄土の四宗兼学の道場になる。以後、足利将軍家、近衛家息女が入寺する。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失している。
 1477年、1475年とも、第103代・後土御門天皇より、北朝拠点・持明院殿跡(旧地の南東方向)に寺地を贈られる。現在地に移転し、一時、安楽光院と改称される。その後、光照院に戻された。
 1529年、焼失したとみられている。
 17世紀(1601-1700)初頭、第107代・後陽成天皇皇女の入寺以来、比丘尼(びくに)御所になる。
 江戸時代、1637年、「光照院御所」と記されている。(『洛中洛外図屏風』)
 1730年、西陣大火により焼失する。
 1752年、10世・大猷尊乗の時、第115代・桜町天皇の寄進により復興された。天皇により常盤御所の称号を贈られる。
 1788年、天明の大火により焼失する。
 1789年、第119代・光格天皇により再建の寄進を受ける。大猷尊乗尼が亡くなり、以後、皇女の入寺が絶えた。
 近代、1873年、浄土宗知恩院派に改宗した。万里小路皎堂が住持になる。
 近代初期、府立病院建設寄付のため、宸殿、書院が売却され、移される。
 1919年、旧桂宮御殿の一部がこの地に移され、宸殿などが再建された。
 1923年、華道の常盤未生流が設立される。
 現代、1968年、本堂が再建された。
◆進子内親王 室町時代の尼僧・進子内親王(しんし/ますこ ないしんのう、?-1302?)。第92代・伏見天皇皇女、母は藤原基輔の娘、後伏見院兵衛督。幼くして父母と死別し、伯母・永福門院内侍に播磨の賀茂荘で養育された。1345年、内親王になる。1356年、泉涌寺の無人如導により落飾し、自本覚(じほんかく)公と改める。光照院を建立した。
 京極派の歌人、『枕草子絵巻』の筆者ともいう。
◆大規尊杲 江戸時代の尼僧・大規尊杲(1675-1719)。尊杲女王(そんこう にょおう)、幼名は寿宮(ひさのみや)。第111代・後西天皇第14皇女、母は梅小路定子。1682年、光照院に入る。1686年、得度し尊慶と称した。後に尊杲に改めた。光照院開基・自本覚公の伝記、彫像を造立し、中興の創といわれた。臨済禅の流儀を取り入れる。
 墓は華開院内光照院宮墓地にある。
◆大猷尊乗 江戸時代の尼僧・大猷尊乗(だいゆう そんじょう、1730-1789)。浄明心院宮。亀宮。道号は天融。法号は浄明心院。第114代・中御門天皇の第6皇女。母は典侍・清水谷石子。1781年、二品、光照院10世に就く。
◆万里小路皎堂 江戸時代後期-近代の僧・万里小路皎堂(1828-1903)。詳細不明。光照院留守居職より住持になる。
◆仏像 本堂に本尊「釈迦如来立像」を安置する。鎌倉時代作、嵯峨式になる。
 左に「開山宮御木(本覚尼)」、右に恵聖院本尊で、平安時代中期の天台宗の僧・恵心僧都(源信、942-1017)作という「阿弥陀如来坐像」が安置されている。
◆建築 山門、毘沙門堂、八大竜王社、常盤会館、庫裡、書院、本堂、茶室などが建つ。
 「本堂(宸殿)」は、1968年に有志の寄進により、古建築を移築して建てられた。豪華絢爛とした内陣がある。折上格天井、禅堂風、入母屋造、軒唐破風付、本瓦葺。
 「書院」は、1919年に京都御苑の旧桂宮御殿の一部を移築し、宸殿、住居にしている。床柱にモミ、框はケヤキ、地板はトチノキを用いている。
 「常盤会館」は、第124代・昭和天皇(1901-1989)の、1928年の即位大典の建物を移築して建てられた。
◆持明院・持明院家・持明院殿・持明院統 平安時代後期、光照院境内を含む地に、公家・武人の藤原基頼(ふじわら の もとより、1040-1122)の邸があった。持明院は、その邸内に基通が安楽光院という持仏堂を建立したことに始まる。後に持明院と改称された。室町時代、1353年に持明院は焼失する。安楽光院は残った。1475年にも持明院は焼失した。その後、再建なされることはなく、跡地に、室町時代、1477年、光照院が移転した。
 なお、安楽光院は、泉涌寺塔頭・来迎院(東山区)に合併されたという。泉涌寺塔頭・善能寺(東山区)にも関わりがあるともいう。
 持明院建立後、天治年中(1124-1126)、通基(1090-1148)が持明院家の祖となる。
 鎌倉時代、持明院基家(1132-1214)の娘・陳子(後の白川院)が守貞親王妃になり、茂仁親王(後の第86代・後堀河天皇)を産む。茂仁親王は、持明院殿より閑院内裏に入御し践祚した。以後、持明院殿は守貞親王(後高倉院)の院政の舞台になる。
 第88代・後嵯峨天皇、第89代・後深草天皇の仙洞(退位した天皇の御所)になった。
 鎌倉時代後期-南北朝時代、北朝の後深草天皇以後、第101代・称光天皇まで、南朝の大覚寺統と皇位を争う。後に、これらの後深草天皇以降の持明院を御所とした系統を、持明院統と称した。北朝初代・光厳天皇、北朝第3代・崇光天皇、北朝第4代・後光厳天皇も度々持明院に還幸した。
 なお、江戸時代、1789年に第119代・光格天皇により復興された際に、常盤御所の号を贈られた。
◆尼衆学林 かつて、四宗兼学の時、一時、尼衆学林となり、全国より尼僧が集い修業していた。
◆庭園 書院北庭は、北より東にあり、平庭の枯山水式庭園になる。苔地に歴代門跡手植えという樹齢500年、300年の五葉松がある。松の枝は、何層にも重なり上に横に広がっている。かつての名松は、五位を授けられ常盤松と称されていた。松が庭園の主木、主景になる。
 白砂には七重塔が立てられている。白砂の大海には入舟の宝船がある。東南にボダイジュ、景石がある。
 奥書院南の小庭には苔地に枯池があり、ゴロ太石が敷かれる。石橋が架けられ、その先の飛石は蹲踞に至る。景石、丸刈込、生垣などがある。 
◆華道 華道常盤未生流の家元になる。1923年に設立された。
◆文化財 江戸時代の「大規尊杲尼像」、大規尊杲筆「投機偈」「南無観世音髪名号」、別宗祖縁和尚筆「大規尼大和尚尊号記」、「別宗和尚付衣法語」。
 江戸時代の「散華」、輪王宮公弁親王寄付「華龍」、曼珠院宮良応法親王寄付「能装束裂打敷」。
 大規尊杲所用の「鉄鉢一式(箸、匙、鉢刷)」「花鳥文飾棚」「松葉松笠文蒔絵文台」、「かん・菊紋蒔絵台」、「大規尊杲尼50回忌奉納打敷」、「昭憲皇太后 ドレス地打敷」、「粟田焼菊紋手あぶり」など。
◆御所人形 歴代皇女ゆかりの御所人形、道具類がある。
 「お誕生人形(御産人形)」は、江戸時代の第114代・中御門天皇により贈られた。亀宮(10世・大猷尊乗)の生誕時の産室飾りつけを人形で再現した。ほかに例がないという。屏風が立てられ、めでたい松竹鶴亀が白い絵具で描かれている。白い布団には赤子が寝ており、周囲に見守る子女、玩具も置かれている。
 考案者の名に因み名付けられた「次郎左衛門雛」は、丸顔に細い目、小さな鉤鼻、おちょぼ口の愛らしい表情をしている。
 「水引頭巾かぶり童子」は、裸に頭巾と腹掛け姿であり、足を前に投げ出して座り、手を横に示している。
 「御所人形よだれかけ(よだれかけさん)」は、白い産衣に赤いよだれかけをしている。
 「御所人形這い這い」は、白い産衣の赤子が這い這いをしている。人形により、乳児に付くとされた罪穢れを祓う意味があった。
 ほかに「蹴鞠香人形」「雛人形道具 唐草文蒔絵調度」など。
◆年間行事 華道展(10月第3日曜日)。 


*非公開
*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『尼門跡寺院の世界』『京都・山城寺院神社大事典』『おんなの旅路 京・奈良の尼寺』『古都の尼寺』『京都歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『名庭 5 京都尼寺の庭』『京都 阿弥陀の寺と庭』『京都秘蔵の庭』


  関連・周辺      周辺      関連林丘寺     関連宝鏡寺      関連大聖寺      関連慈受院門跡      関連三時知恩寺      関連宝慈院       関連西方尼寺・本光院門跡      関連大歓喜寺      関連霊鑑寺       関連曇華院       関連来迎院〔泉涌寺〕       関連善能寺〔泉涌寺〕          

より大きな地図で 京都の尼門跡寺院 を表示
平安京オーバレイマップ
 光照院 〒602-0064 京都市上京区安楽小路町425,新町通上立売上る   075-441-2254 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光